海外展示会への出品及び農林水産物・食品プロジェクト、食品事業者向けの施設整備について

 

農林水産省では、食品・農林水産物の輸出に取り組む中堅企業等への支援を行っています。

 

○海外見本市ジャパンビリオンへの出品支援

 農林水産省では、ジェトロを通じて、海外の主要な見本市にジャパンビリオンを設置し、

 そこに出品する我が国の事業者を支援しています。

 ジェトロ(日本貿易振興機構)のホームページにおいて、2020年6月に開催される

 FOOD TAIPEI 2020のジャパンビリオンへの出品者の募集を行っていますのでご案内いたします。

 関心がありましたら、ジェトロHPをご覧ください。

 

お申し込み方法等の詳細は以下のURLからご確認ください。(2020年1月29日12時〆切)

https://www.jetro.go.jp/events/afb/5308e983ec335e68.html

 

○農林水産物・食品プロジェクト(GFP)

 輸出に意欲ある事業者を支援するため、農林水産物・食品輸出プロジェクト(GFP)

 を立ち上げています。

 GFPに登録していただくと、

・農林水産省、ジェトロ、輸出の専門家が直接出向いて無料で行う輸出診断、

・130社以上の輸出商社が海外需要に基づいて発信する「商品リクエスト情報」の提供、

・輸出商社へ輸出したい商品の情報提供等の支援、

・登録メンバー同士の交流イベントの開催

 等のサービスを受けることができます。

 登録無料となっておりますので、参加を希望する方はまずはメンバー登録をお願いします。

 https://www.gfp1.maff.go.jp/

 

○画期的補助金登場!食品事業者向けの施設整備

 これまで支援のなかった、食品メーカー・流通事業者向けに、

 HACCP等の輸出に対応するための施設・機器整備の補助金を支援します。

 都道府県を通じての申請になりますので、まずは施設の所在する都道府県に

 早めにお申し出ください。

 (都道府県窓口)https://www.gfp1.maff.go.jp/uploads/2019/12/hosei-madoguchi-.pdf